Article

記事詳細

記事詳細

Article

メルセデスベンツ Eクラス(W211) 板金塗装作業実績


メルセデスベンツEクラス(W211)の板金塗装作業実績をご覧下さい。この車輌は右フロントドア、リアドア交換、リアフェンダー板金塗装の修理を行いました。

■カスタム箇所
右フロントドア交換
右リアドア交換
右リアフェンダー板金塗装
■下地作業
交換パネルのフロントドアをバラし、新品パネルを合わせます。
リアドアも同様にバラし、新品パネルを合わせます。この時にドアの立て付けをしっかりと決めておきます。
立て付けの終わったリアドアを基準にリアフェンダーの板金を行います。修理箇所の状態を確認します。線上に鋭角的な凹みです。鋼板が伸びないように引き出していきます。
スタッドを使用して引き出します。作業終了後パテを入れます。
研ぎ上げた状態を確認します。リアフェンダーの膨らみやラインを的確に作り、リアドアとのバランスを出します。
サフェーサーを入れます。ラインがしっかりと出ていることがポイントとなります。
■塗装工程
新品パネルを外し、パネルごとに単体で塗装します。塗装の前にブースにてマスキングを施してから塗装を開始。
塗装完了後、ブースにて強制乾燥をします。
乾燥後、ボディを磨いて完成となります。
状態確認。歪みもなくキレイな面が出ています。
■最終仕上げ
取り外した部品を取り付けます。
ドアの閉まり具合も最終的に確認して完成です。