Update info

更新情報

Update info

更新情報

ポルシェ 981ボクスター フロントバンパー修理塗装

ポルシェ 981ボクスター 、修理実績をご紹介します。
こちらのボクスター、フロントバンパーに損傷がありました。

しっかりと損傷個所を修理していきます。

作業完了後の写真をご覧ください。
損傷箇所周辺は勿論のこと、隣接パネル(フェンダーやボンネット)とのつながりに一切の違和感がありません。
見事”元通り”になりました。

横浜で板金塗装専門店をお探しなら、マックスクラフトまでご相談ください。

アルファロメオ 156GTA キャリパーペイント・作業工程のご紹介

アルファロメオ156GTA キャリパー塗装の作業工程をご紹介いたします。
まずはリフトアップを行い、慎重にブレーキキャリパーの取り外しを行います。

 

 

 

 

下準備として足付けを行います。
元々のロゴを除去しましたので、表面を整えるためサフェーサーを入れています。

 

 

 

赤→黄の塗替えに際して、色の止まりをよくする為に白色を塗装します。
キャリパーを塗装する際は、このように吊るした状態で行っています。

 

 

色を入れていきます。今回はフェラーリに用いられる黄色です。
下塗りのおかげで、
しっかりと発色しています。

次にロゴを貼り付けます。デザインやサイズはお客様とお打合せの上で製作しました。
しかし、お客様にご用意いただいた参考画像のものとキャリパーの形状が異なりますので、違和感が出ないように現物で調整します。

 

 

 

 

 

次にクリアを塗装していきます。ロゴ貼付後に塗布することで、ロゴ自体もクリアで覆っています。
このツヤをご覧ください。一気に印象が華やかになりますね。

塗装工程はこれにて完了です。しっかりと乾燥させたのち、取付を行います。

 

 

 

 

 

取付後、試走を行います。
走行に支障がないことをしっかりと確認し、一連の作業は完了となります。

 

 

 

 

 

以上、アルファロメオ 156GTA キャリパーペイントの作業工程のご紹介でした。

ご興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

フェラーリ612 スカリエッティ 鈑金塗装・修理実績

フェラーリ612 スカリエッティ フロント部分の破損で鈑金塗装、修理となります。

作業後の写真がございませんが完璧に修復させて頂きました。

サーキットや自宅までの引き取りにも対応しますので、お電話、メール、LINEにてご連絡ください。

フィアット500 板金塗装作業

フィアット500の板金塗装作業実績をご覧下さい。

この車輌は左リアフェンダーホイルハウス部をブロック塀に擦りアウターラインごと凹みを板金塗装修理をしました。

■修理箇所
左リアフェンダーホイールハウス板金塗装
■下地処理
スライディングハンマーでアウターラインを引き出します。
スタッドにて凹み箇所を引き出し修正の後パテで形を整えます。
サフェーサーを入れ 研ぎ上げ 下地の完了です。
■塗装工程
塗装の前に、ブースにてマスキングを施します。
塗装を開始、完了後、ブースにて強制乾燥をします。
乾燥後、ボディを磨き完成させます。
状態確認、歪みもなく、キレイな面が出ています。
■最終仕上げ
全体の仕上がり具合を確認します。
確認が完了後納車となります。

フォルクスワーゲン トゥーランの板金塗装、修理作業実績

フォルクスワーゲン トゥーランの板金塗装の修理作業実績をご覧下さい。

この車輌は左側面を左フロントドアからリアのホイールハウスまでで損傷の度合いはリアに向かうほど損傷がひどくなっています。ホイールハウスはパネルが切れてしまっています。

この作業内容は、ボディパネル交換、板金塗装の修理作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

■修理箇所
左フロントドアパネル板金塗装
左リアドアパネル交換、塗装
左ホイールハウスアウター交換修理
■下地処理
左フロントドアをスタッドを用いラインを引き出します。
その後、パテを入れてオリジナルの形に整形します。
サフェーサー塗布後 水研ぎにて最終 面出し。
左リアドアは、新品に交換します。
ホイールハウスは傷部分をカットします。新品のリアフェンダーを切り取ったサイズにカットします。隣接パネルとの位置を調整し、溶接をします。(スポット溶接&MIG溶接)MIG溶接にて繋いだ箇所をパテで仕上げてサフェーサーを塗布します。
■塗装工程
塗装の前に、ブースにてマスキングを施します。
塗装を開始、完了後、ブースにて強制乾燥をします。
乾燥後、ボディを磨き完成させます。
■最終仕上げ
各部品を取付て仕上げます。

ルノーメガーヌRSの修理作業実績

ルノーメガーヌRSスポールF1のリアバンパー修理作業実績をご覧下さい。

修理箇所は左側のリアバンパーの擦り傷とズレの修正です。

■修理箇所
左側下部にダメージポイント。鋭角的にあたっているので、リアスポイラーとバンパーに隙間が出来るくらい押されています。

■下地処理

変型箇所や割れた箇所を適切な方法で修理していきます。
修理終了後 各パーツにサフェーサーを入れます。
■塗装作業
下地処理終了後、塗装ブースにて各パーツをセッティング。
■作業完了
塗装が終了しましたら、十分に乾燥をさせて磨きます。
■完成検査
組み付けて、各クリアランスをチェックし完成です。